鬱病について|うつ病の治療薬ご紹介

うつ病というのは、精神的なストレスが大きいという病気ですよね。体には傷つくことが直接にないですが、精神的な損害は多いでしょう。当サイトはうつ病についてご紹介いたします。まら、うつ病治療薬もご紹介いたします。ぜひご参考になってください。

うつ病というのは簡単に言うとストレスの原因での精神的な病気です。ほとんど真面目な人は、うつ病になる可能性が高いです。うつ病になった人たちに対して、まずはストレスの発散は一番重要です。でも、もし自分の調整で治療できなかったら、抗うつ剤、精神安定剤を服用したほうがいいです。

では、次から、有名なうつ病治療薬をご紹介いたします。

まずは、エチラームについてご紹介いたします。エチラームは、エチゾラムを成分とし抗うつ剤として、おそらく国内で一番利用されているデパスのジェネリック医薬品となります。ジェネリック医薬とは先発薬デパスの特許が切れたあとに販売されるデパスと同じ有効成分、同じ効き目でお求め安い価格の薬の事を言います。

抗うつ剤とは不安神経症の治療薬を指し、気持ちをリラックスさせ不安や緊張感を和らげ気持ちを落ち着かせる効果があるので睡眠導入剤として病院で処方される事もあります。

心を落ち着かせるという点からエチラームは心身症、神経症、睡眠障害、パニック障害などの治療にも適しています。

更にエチラームは抗うつ剤としてだけではなく、緊張で固まった筋肉を緩める作用もあるので、肩こりや背中の筋肉の張りなどの症状の改善にも適しています。

使い方は簡単で、成人は1日3mgを3回に分けて服用してください。(高齢者は1日1.5mgを上限) 副作用もほとんどないですので、どうぞ安心してご利用ください。

次には、ジェイゾロフトをご紹介いたします。ジェイゾロフトとは、ファイザー製薬による開発された抗うつ病薬(SSRI)です。従来の抗うつ病と同等の効果でありながら、副作用が少ないのが特徴です。憂鬱な気持ちをやわらげて気持ちをリラックスにしてくれます。5799d0a182b26809097282

ジェイゾロフトは、従来のお薬と比較すると効果が絶大とされ、うつ病以外にもパニック障害や上がり症にも有効です。ただジェイゾロフトに限らず一般的に抗うつ剤は効果が表れるまでに時間がかかると言われています。落ち込んだ心の状態が続いても2~3週間は服用し続ける事をオススメします。

使い方も非常に簡単です。初めての方はセルトラリンとして1日50mgを服用してください。今までは副作用が性機能異常、眠気、めまい、頭痛、だるい、口の渇き、便秘、不眠などが報告されています。

以上は有名なうつ病治療薬をご紹介いたしました。もしうつ病から困られたら、ぜひお試してみてください。